検索
  • cajitadecoloresf

めぐりあう


今日たまたま憂歌団のボーカル木村さんの素敵な言葉と出会いました。憂歌団もう間違いなくいいのは分かってたんですよ、分かっていながら聴いてなかったので、ついに聴く日が来た!と天からのお声が届きました。今日は丸一日憂歌団でした。

音楽や本、映画もかな、いいんだろうなと思いながらすぐに手をつけないことが多い。まぁただの怠慢の時もある笑。

若い頃からタイミングめっちゃ信じてるところがあって、それってやっぱり身体が決めてるんだと思う、なんかちょっと…って身体が言ったらもう行かない。

確かに、若い頃にはそれでも何かしら答えを早急に出さないといけないと思ったし、忙しかったし、とりあえず納得出来るところを見つけてハイ次、みたいなことも多々ありました。それがいわゆる社会性、に繋がるのかな。それはそれで人生の経験として今無駄にはなってないけど、そうゆうのは身体はなんかしっくり来てない。探し物と自分の一致感を感じてないんですよね。離婚してからの人生、もうお勤めが終わったぐらいの気持ちで過ごしてきたので笑、昔ほど忙しくないのも影響あります。最近特にその情報過多の世界をもうぼーっと外から見てる自分がいて、ますます追いかけなくなりました。そしたら時間配分とか使い方があら快適に!そりゃそうだ100%自分軸じゃないか笑。知ることよりも、感覚が一致する快感を味わいたい欲求の方が強い。今日の木村さんの言葉や、映画が特にそうですが、愕然とするぐらい今出会う時だったんだなと思う巡り合いは最近多いです。


行きたいのに行けない...という言葉もよく耳にしますが、もちろんそうゆう時は有るし他人にとやかく言われる筋合いもないです。やっぱり人は'準備'が出来てないと次行かれないんですよ。それは身体は分かってる。私は今はそのタイミングじゃないんだなと割り切って、じゃあ自分が準備が出来てる状態とはどうゆうことかな?と妄想します。となると、浄化してない、清算してないと次に行かれない...みたいなものが見えてきて、そんならどうしたらいいかな?と考えるけど、私蠍座なんで特にその辺エグいので、全てではないけどうまく行けばバッサリ...笑。フットワーク軽いのか重いのか自分でも分からなくなりますわ。結局'自分を信じる'がいつでも大前提ですが。あとは神さまに任せる。

たまたま巡り会えて、なんかピン!と来たものって、知るのはその後からだけど、大概やっぱりそうよね感がずんずん深くなっていくので生産性はなくても幸福感が身体をじわっと満たしていくのがわかりますよ。

これは人もそうだな。私あんまり新規会員募集に熱心になれないのはそのせい…と思いたい。'出会うべき人に出会う' は昔から信じてます。時々?なんでこの人に出会っちゃったんだろう?と思うこともあるけど笑、この人からきっと学ぶ事があるんだろうなと、前向きに思うようにしています。

あ、ギャンブルとかはしませんよ笑。ただ偶然とかタイミング、みたいなものは大事だし、おばあちゃんになってもこのまま、ファンキーな感覚で生きたいなぁ。。。

最後に木村さんの言葉を。

幸せは空からきているような気もしたし、自分の胸から湧いてきているような気もした。   

木村充輝


17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ことば

許せない自分の影には深い愛情がある。 できない自分の影には高い志がある。 情けない自分の影には守りたい存在がいる。 離婚する以前のことなんですが、仕事にしても家の事にしても、はては人間関係においても日々起こることに対して「〜しとかんといけん!」「〜せんといけん!」て一日中言ってるな私、ってふと気づいたことがあったんですね。その時なんだかすごい冷静になって、ほんとにやらなきゃいけないことなの?って自

瞑想

最近寝る前によく瞑想しています。 瞑想=無になること…と一般的には解釈されますが、無になるって果たして一体どういうことでしょうか? 私は踊っている時や音楽を聴いている時、車を運転している時も瞑想状態に入ったりします。これは文字通り無になると運転中はさすがにまずいですよね、わかってますよ笑。 無になるとは、私の場合空っぽになるわけではなく"集中した状態の中に自分がふわっと浮かんでいる"ような感じです

在り方。

先日友人がfacebookでシェアした投稿に、東京の寄席組合、落語協会の方がこの度の緊急事態宣言のもと、無観客での開催の要請に応じない決断をされたそうです。理由は「社会生活の維持に必要なものだから」 私の場合は音楽家の方が多いですが、若い頃からアーティストにはものすごい影響を受けてきました。とても静かだけど確実に存在する彼らだけに見えている世界が音や言葉に乗って声を発している…そこに触れた気がする