検索
  • cajitadecoloresf

モゾモゾは教えてくれる。

ヨガなどの体を整えるトレーニングを始めると、そのうち体のどこかがモゾモゾ、ソワソワ、なんだかくすぐったいような感覚が生まれるんですが、これは体が解れてきたお知らせと聞いたことがあります。


私は以前は頑張って生きてました。むしろ頑張らなければいけないぐらいに思ってました。年を重ねたせいもあるでしょうが、頑張るって…と疑問に思い始めて、その時ヨガをもう始めてたんですが、ある時そのモゾモゾがやってきました。それもなんでここが?自分の体の歪みとはあまり関係無さそうなところだったので、最初何かの病気かな?と思ったくらい笑。


でも、その結局何を頑張るのか?という自問自答の中で、頑張るのは悪いことではないけれど、力むとはちょっと違うんじゃないか?というイメージが見えてきました。 そうすると、考え方や物の見方の幅が少し広がって新しい感覚を覚えたんですが、まぁ感情もあることですし、人間そう簡単には変わりません。現実うまく行かないことも多々ありましたが、徐々に思考回路が広がるにつれて、モゾモゾの位置も変わっていったんです。表面的だったり曖昧だったものが、何か中心や確信に近づいていくにつれて、モゾモゾするところと実際体に感じている歪みのイメージも近づいていきました。今は、まだどうしても力みが抜けない部分のバランスを体が取っている結果そこがモゾモゾするんだな、まで来ました。←今ココ笑


んー…脳と身体。 私のイメージでは繋がっているけど混同しない、という感じかな。

身体は自然の一つなので、いつでも黙って私達の全てを受け入れてくれています。そして情報や思考から生まれるものが自分にとって必要かどうかは、身体が教えてくれていると感じます。脳が頑張りすぎるとどうしても体、それも外側に力が入ります。脳は答えを求めますしね。自分にとって必要なものが必ずしも脳が求めている答えと一致しないのが厄介です。外側に力が入ると、本来内側にある私達人間が持っている可能性という素晴らしい力が萎縮してしまうのではないでしょうか。感情はコントロール出来ませんが、脳は上手く?なるべくコントロール出来たら身体の負担が軽くなるのではないかと思います。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

在り方。

先日友人がfacebookでシェアした投稿に、東京の寄席組合、落語協会の方がこの度の緊急事態宣言のもと、無観客での開催の要請に応じない決断をされたそうです。理由は「社会生活の維持に必要なものだから」 私の場合は音楽家の方が多いですが、若い頃からアーティストにはものすごい影響を受けてきました。とても静かだけど確実に存在する彼らだけに見えている世界が音や言葉に乗って声を発している…そこに触れた気がする

めぐりあう

今日たまたま憂歌団のボーカル木村さんの素敵な言葉と出会いました。憂歌団もう間違いなくいいのは分かってたんですよ、分かっていながら聴いてなかったので、ついに聴く日が来た!と天からのお声が届きました。今日は丸一日憂歌団でした。 音楽や本、映画もかな、いいんだろうなと思いながらすぐに手をつけないことが多い。まぁただの怠慢の時もある笑。 若い頃からタイミングめっちゃ信じてるところがあって、それってやっぱり

原点に戻っていく。

自分がフラメンコの練習をひたすらしていた時はやはり形からだと思っていたので、スペイン人の体型から生まれるポーズをガン見して真似しようとしていて、今思えば身体の構造無視してハードな練習とかしてましたので、そりゃぁ歪みますよね笑。 クラスを始めることになって、身体というものを向かい合わせで見ることになり、改めてどうして身体はそのように動くのかというイメージが浮かんできました。何か核となるもの、原点のよ