検索
  • cajitadecoloresf

モゾモゾは教えてくれる。

ヨガなどの体を整えるトレーニングを始めると、そのうち体のどこかがモゾモゾ、ソワソワ、なんだかくすぐったいような感覚が生まれるんですが、これは体が解れてきたお知らせと聞いたことがあります。


私は以前は頑張って生きてました。むしろ頑張らなければいけないぐらいに思ってました。年を重ねたせいもあるでしょうが、頑張るって…と疑問に思い始めて、その時ヨガをもう始めてたんですが、ある時そのモゾモゾがやってきました。それもなんでここが?自分の体の歪みとはあまり関係無さそうなところだったので、最初何かの病気かな?と思ったくらい笑。


でも、その結局何を頑張るのか?という自問自答の中で、頑張るのは悪いことではないけれど、力むとはちょっと違うんじゃないか?というイメージが見えてきました。 そうすると、考え方や物の見方の幅が少し広がって新しい感覚を覚えたんですが、まぁ感情もあることですし、人間そう簡単には変わりません。現実うまく行かないことも多々ありましたが、徐々に思考回路が広がるにつれて、モゾモゾの位置も変わっていったんです。表面的だったり曖昧だったものが、何か中心や確信に近づいていくにつれて、モゾモゾするところと実際体に感じている歪みのイメージも近づいていきました。今は、まだどうしても力みが抜けない部分のバランスを体が取っている結果そこがモゾモゾするんだな、まで来ました。←今ココ笑


んー…脳と身体。 私のイメージでは繋がっているけど混同しない、という感じかな。

身体は自然の一つなので、いつでも黙って私達の全てを受け入れてくれています。そして情報や思考から生まれるものが自分にとって必要かどうかは、身体が教えてくれていると感じます。脳が頑張りすぎるとどうしても体、それも外側に力が入ります。脳は答えを求めますしね。自分にとって必要なものが必ずしも脳が求めている答えと一致しないのが厄介です。外側に力が入ると、本来内側にある私達人間が持っている可能性という素晴らしい力が萎縮してしまうのではないでしょうか。感情はコントロール出来ませんが、脳は上手く?なるべくコントロール出来たら身体の負担が軽くなるのではないかと思います。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

美しいもの

月2でブログ書きます!って言ったくせにいきなりサボってたいづみです。 あまりにも、全然浮かんで来なかったので…sorry。 そして私がSNSがなんか苦手な理由がわかりました笑! 子供の頃から割りかしmy world人間だったんですが、そうゆう人は他にも沢山いるんだろうしあえて人に言う話でもないかな、と思ってました。不確かなもの、実際目に見えるものではない世界は私の体の中で無限に広がっていく感じで、

NO MUSIC NO LIFE

だんだんと寒さが増してきました。 もう12月…寒くなると、昔よく聴いていた音楽が懐かしくなるのは私だけでしょうか? 私は音楽が大好きなんですが、はっきり言って三度の飯より音楽の方が好きだし、もう好きって言うか生まれ変わったら音楽になりたいと思うくらいです笑。 曲によってか、その日の気分のせいかはわかりませんが、お腹がずっしり温かくなるような時があったり、いわゆる胸が熱くなる時とか、あと背中がムズム

引き継ぐもの。

10月16日真夜中に母が永遠の眠りにつきました。享年81歳でした。小さな脳梗塞が見つかって10月7日から入院、それからあっという間でした。 母とは決して仲が悪かったわけではないのですが、生き方があまりにも違うので、どうやって折り合いを付けたらいいのかお互いわからないような空気感がいつも流れていました。 母は口数も少なくとても慎ましい人で、いつも自分よりも家族を一番に考えて生きていました。時代も時代

広島県広島市五日市駅前1丁目11-37-4F

​※駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください

  • Instagram
  • Facebook