検索
  • cajitadecoloresf

目覚め


前回歪みについて触れましたが、続き。

私も歪みと向き合う中で紆余曲折ありました。初めはやはり、とにかく歪んでいる所が気になってましたね。人間て気になりだしたらもう止まりません。

そうなると、神様はあ、この人歪みたいんだな、って思うらしいんですね。結果歪みが歪みを生むループが始まります。だって歪みにフォーカスしてるんだもん。これがいわゆる引き寄せの法則ですよね笑。


自分が生きている時間を、人生と捉えると悲喜交々ドラマがあってなんだかカラフルに彩られてきたりしますが、生活と捉えると途端にスケジュールをこなす、黙々と生きる、みたいになって笑、1日があっという間に過ぎていきますね。 特別身体を顧みることなく日々そんなルーティンを続けていると大抵私達は、 いつも同じ筋肉を使っていたり、 同じ力量だったり、 同じ角度で体を動かしたり、 しているのではないかと思います。 ということは! 歪みにばかりフォーカスしていると確かに段々息苦しくなってきたので、ふと遠くから、反対側から?眺めてみると、『目覚めていない部分』というイメージが浮かんできました。

重たい頭を支えるために身体が全身のバランスを取る際にとりあえず目覚めている部分が優先して稼働していると思うんです。 自分が歪んでいると思うところ、詰まっていると思うところ、あと痛みを感じるところ、

などは、結局そのひずみから生まれた結果なんではないかと。 それが左右、前後などの単純なことだけでなく、もっと広い範囲で繋がっている世界から来ていると、身体が教えてくれた気がしました。そうなると、もはやその歪みに対してどちらかというとごめんなさいねという感情が生まれてきて笑、やはり身体全体で、一体で向き合っていかないとなぁ…に至ったわけです。


すぐに結果を出すとなると難しい話だと思います。これも長い人生の彩りの一つと捉えて、そのまだ『目覚めていない部分』も開花していったら、ひいては歪みの解消に繋がっていくのかなと思います。

32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ことば

許せない自分の影には深い愛情がある。 できない自分の影には高い志がある。 情けない自分の影には守りたい存在がいる。 離婚する以前のことなんですが、仕事にしても家の事にしても、はては人間関係においても日々起こることに対して「〜しとかんといけん!」「〜せんといけん!」て一日中言ってるな私、ってふと気づいたことがあったんですね。その時なんだかすごい冷静になって、ほんとにやらなきゃいけないことなの?って自

瞑想

最近寝る前によく瞑想しています。 瞑想=無になること…と一般的には解釈されますが、無になるって果たして一体どういうことでしょうか? 私は踊っている時や音楽を聴いている時、車を運転している時も瞑想状態に入ったりします。これは文字通り無になると運転中はさすがにまずいですよね、わかってますよ笑。 無になるとは、私の場合空っぽになるわけではなく"集中した状態の中に自分がふわっと浮かんでいる"ような感じです

在り方。

先日友人がfacebookでシェアした投稿に、東京の寄席組合、落語協会の方がこの度の緊急事態宣言のもと、無観客での開催の要請に応じない決断をされたそうです。理由は「社会生活の維持に必要なものだから」 私の場合は音楽家の方が多いですが、若い頃からアーティストにはものすごい影響を受けてきました。とても静かだけど確実に存在する彼らだけに見えている世界が音や言葉に乗って声を発している…そこに触れた気がする