検索
  • cajitadecoloresf

NO MUSIC NO LIFE

だんだんと寒さが増してきました。 もう12月…寒くなると、昔よく聴いていた音楽が懐かしくなるのは私だけでしょうか?


私は音楽が大好きなんですが、はっきり言って三度の飯より音楽の方が好きだし、もう好きって言うか生まれ変わったら音楽になりたいと思うくらいです笑。 曲によってか、その日の気分のせいかはわかりませんが、お腹がずっしり温かくなるような時があったり、いわゆる胸が熱くなる時とか、あと背中がムズムズしてその後背後の世界に何かが拡散していく感じとか。耳で音を聴いている感じはなくて、全身が自然に音に包まれるような感覚かな。 ひとつの音楽の中には、歌声もあればメロディー楽器の音、リズム楽器の音、今は電子音もあるし、そのいろんな音は人間が出しているんですが、毎回ではないけど、だんだんその音達が、発している人から独立して渦を巻いて調和していく時とかあってもう大変笑。

なので身体と音の境界線が曖昧になっていくんですが、これが私の'至福'、この世に人間として生まれてきて神様からもらったプレゼントなんだと信じています。こんななのでなかなか社会活動ムズイんですよ、もうそこは年を重ねて修行致しましたけど笑。

そうゆうイメージがどんどん繋がっていくのが、線を引く感じと似てるんですね。実際私は絵を描くというよりは線を引いた結果何かが生まれる、のほうがしっくり来るし、フラメンコの振り付けもそうやって出来ていきます。うまく行かない時は頭で考えてます。でもこれって、黙々と何かに夢中になってるのが楽しい人は同じ絵が視えてるんじゃないかなぁ?


今は日本語の歌はほとんど聴いてないのですが、それは私にとって言葉よりも音のほうが存在が大きいので、私向きに音に言葉がうまくのってると気持ちいいんですが、まぁ要するに説明されると萎えるんですよ笑。そうなると、若かりし頃私が聴いて心ときめいていた音って、改めて聴いたら日本語が音と一体化しているんです。あくまでもそれは音であって、でも歌詞も後から追いかけてくるんだけどとても美しいんです。その頃はそんな事考えて聴いてなかったんですけどね、びっくりしました。


こうゆう感覚的なことを言葉にするのって…やっぱり難しいですね。なんか変な話になっちゃったけど、いままでずっと音楽はいつも私のそばにいて、決して私をジャッジすることはなく、命から生まれる美しい世界をたくさん見せてくれました。音楽がなかったら間違いなく道を踏み外してたと思う笑。人生を導いてくれてきた大切な存在です。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

在り方。

先日友人がfacebookでシェアした投稿に、東京の寄席組合、落語協会の方がこの度の緊急事態宣言のもと、無観客での開催の要請に応じない決断をされたそうです。理由は「社会生活の維持に必要なものだから」 私の場合は音楽家の方が多いですが、若い頃からアーティストにはものすごい影響を受けてきました。とても静かだけど確実に存在する彼らだけに見えている世界が音や言葉に乗って声を発している…そこに触れた気がする

めぐりあう

今日たまたま憂歌団のボーカル木村さんの素敵な言葉と出会いました。憂歌団もう間違いなくいいのは分かってたんですよ、分かっていながら聴いてなかったので、ついに聴く日が来た!と天からのお声が届きました。今日は丸一日憂歌団でした。 音楽や本、映画もかな、いいんだろうなと思いながらすぐに手をつけないことが多い。まぁただの怠慢の時もある笑。 若い頃からタイミングめっちゃ信じてるところがあって、それってやっぱり

原点に戻っていく。

自分がフラメンコの練習をひたすらしていた時はやはり形からだと思っていたので、スペイン人の体型から生まれるポーズをガン見して真似しようとしていて、今思えば身体の構造無視してハードな練習とかしてましたので、そりゃぁ歪みますよね笑。 クラスを始めることになって、身体というものを向かい合わせで見ることになり、改めてどうして身体はそのように動くのかというイメージが浮かんできました。何か核となるもの、原点のよ