検索
  • cajitadecoloresf

NO MUSIC NO LIFE

だんだんと寒さが増してきました。 もう12月…寒くなると、昔よく聴いていた音楽が懐かしくなるのは私だけでしょうか?


私は音楽が大好きなんですが、はっきり言って三度の飯より音楽の方が好きだし、もう好きって言うか生まれ変わったら音楽になりたいと思うくらいです笑。 曲によってか、その日の気分のせいかはわかりませんが、お腹がずっしり温かくなるような時があったり、いわゆる胸が熱くなる時とか、あと背中がムズムズしてその後背後の世界に何かが拡散していく感じとか。耳で音を聴いている感じはなくて、全身が自然に音に包まれるような感覚かな。 ひとつの音楽の中には、歌声もあればメロディー楽器の音、リズム楽器の音、今は電子音もあるし、そのいろんな音は人間が出しているんですが、毎回ではないけど、だんだんその音達が、発している人から独立して渦を巻いて調和していく時とかあってもう大変笑。

なので身体と音の境界線が曖昧になっていくんですが、これが私の'至福'、この世に人間として生まれてきて神様からもらったプレゼントなんだと信じています。こんななのでなかなか社会活動ムズイんですよ、もうそこは年を重ねて修行致しましたけど笑。

そうゆうイメージがどんどん繋がっていくのが、線を引く感じと似てるんですね。実際私は絵を描くというよりは線を引いた結果何かが生まれる、のほうがしっくり来るし、フラメンコの振り付けもそうやって出来ていきます。うまく行かない時は頭で考えてます。でもこれって、黙々と何かに夢中になってるのが楽しい人は同じ絵が視えてるんじゃないかなぁ?


今は日本語の歌はほとんど聴いてないのですが、それは私にとって言葉よりも音のほうが存在が大きいので、私向きに音に言葉がうまくのってると気持ちいいんですが、まぁ要するに説明されると萎えるんですよ笑。そうなると、若かりし頃私が聴いて心ときめいていた音って、改めて聴いたら日本語が音と一体化しているんです。あくまでもそれは音であって、でも歌詞も後から追いかけてくるんだけどとても美しいんです。その頃はそんな事考えて聴いてなかったんですけどね、びっくりしました。


こうゆう感覚的なことを言葉にするのって…やっぱり難しいですね。なんか変な話になっちゃったけど、いままでずっと音楽はいつも私のそばにいて、決して私をジャッジすることはなく、命から生まれる美しい世界をたくさん見せてくれました。音楽がなかったら間違いなく道を踏み外してたと思う笑。人生を導いてくれてきた大切な存在です。

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

モゾモゾは教えてくれる。

ヨガなどの体を整えるトレーニングを始めると、そのうち体のどこかがモゾモゾ、ソワソワ、なんだかくすぐったいような感覚が生まれるんですが、これは体が解れてきたお知らせと聞いたことがあります。 私は以前は頑張って生きてました。むしろ頑張らなければいけないぐらいに思ってました。年を重ねたせいもあるでしょうが、頑張るって…と疑問に思い始めて、その時ヨガをもう始めてたんですが、ある時そのモゾモゾがやってきまし

引き継ぐもの。

10月16日真夜中に母が永遠の眠りにつきました。享年81歳でした。小さな脳梗塞が見つかって10月7日から入院、それからあっという間でした。 母とは決して仲が悪かったわけではないのですが、生き方があまりにも違うので、どうやって折り合いを付けたらいいのかお互いわからないような空気感がいつも流れていました。 母は口数も少なくとても慎ましい人で、いつも自分よりも家族を一番に考えて生きていました。時代も時代

目覚め

前回歪みについて触れましたが、続き。 私も歪みと向き合う中で紆余曲折ありました。初めはやはり、とにかく歪んでいる所が気になってましたね。人間て気になりだしたらもう止まりません。 そうなると、神様はあ、この人歪みたいんだな、って思うらしいんですね。結果歪みが歪みを生むループが始まります。だって歪みにフォーカスしてるんだもん。これがいわゆる引き寄せの法則ですよね笑。 自分が生きている時間を、人生と捉え

広島県広島市五日市駅前1丁目11-37-4F

​※駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください

  • Instagram
  • Facebook